2016年おすすめモデルから見るクロスバイクの選び方!

町

自転車デビューをするならクロスバイクがおすすめ

自転車ブームが始まって既に数年が経過して、街中の専用レーンを走る自転車の姿もごく当たり前のものになってきました。

一般的なママチャリと違い、スポーツタイプの自転車は軽快に走行をすることができ体への負担も少ないので数十キロくらいの道のりもちょっと体を鍛えれば簡単に乗れるようになります。

自転車屋さんに行くとたくさんのスポーツサイクルを扱っているのが見られますが、これからスポーツ自転車デビューをするならクロスバイクがおすすめです。

スポーツタイプの自転車としては「ロードバイク」「クロスバイク」「マウンテンバイク」の三種類があります。
このうちツール・ド・フランスのような自転車競技で見かけるのがドロップハンドルが特徴的な「ロードバイク」ですが、実はこちらのタイプはより速く走行できるように部品を全体的軽量化しており、耐久度という点では若干不安があります。

タイヤも細くパンクもしやすいので、街乗り用としてはかなり頻繁に手入れをしないとすぐに壊れてしまいます。

一方「マウンテンバイク」は舗装されていない路面も走行できるように相当丈夫に作られており、フレーム強度などもしっかりしています。
「クロスバイク」はそんなロードバイクの軽快さとマウンテンバイクの頑丈さの両方のよいところを取り入れたもので、比較的街乗りもしやすく疲れにくい形をしています。

いきなりロードバイクにするよりもずっと気軽に始められるのでまずはこちらのタイプから選ぶようにするのがおすすめです。

安価で購入できるクロスバイク

クロスバイクの魅力の一つが、かなり安くて優秀な製品もあり初心者にとって買いやすいということです。

ロードバイクの場合安定的な性能のものを求めるとどうしても最低で10万円は覚悟をしなければいけませんが、クロスバイクなら数万円くらいでかなりよいものを求めることができます。
コストパフォーマンスで選ぶなら「GIANT(ジャイアント)」「TREK(トレック)」「ブリジストン」「ビアンキ」あたりがおすすめです。

他にも日本で大人気の輸入自転車メーカーとして「ルイガノ」や「ピナレロ」「キャノンデール」といったところのものも通販で手軽に購入することができるようになりました。

案外自転車市場においては日本メーカーの力は弱く、デザイン性や信頼性から海外品の人気が高まる傾向にあります。
中でもスポーツ自転車で非常に多く見かけるのが「GIANT」で、台湾のブランドとして安価で比較的性能が高いものを販売するということでよく知られています。

おそらく街中で走行している自転車のフレームに「GIANT」のロゴを見かけたことがある人も多いことでしょう。
どれがよいかということについてはどのメーカーにも特徴があるので一概に言えませんが、とりあえずこれから買うなら有名なメーカーのものにしておくのがよいと思います。

人気ランキング=性能ランキングではない

自転車を選ぶときに頭に入れておきたいのが、自転車の売上げランキングは必ずしも性能ランキングではないということです。
輸入車がほとんどのスポーツ自転車市場においては、ファッション性やブランドが力を持っていることが多く、有名人がどのモデルに乗っているかによって簡単に価格が変化してきます。

具体定期にはカナダのメーカー「ルイガノ」などは、それまで日本国内ではほとんど無名だったのに、小栗旬が乗っていることがわかった途端に人気が沸騰して特定のモデルの価格が高くなりました。

参考>>LOUIS GARNEAU公式サイト

同じように有名メーカーである「ビアンキ」や「トレック」あたりはブランドロゴが欲しくて買っている人も大半なので、人気だけで選ぶのはちょっと危険です。
性能面を重視しつつ、気に入ったモデルのものを探してみてください。