軽自動車の買取方法を徹底解説!

軽自動車

軽自動車の買取手順

軽自動車は現在中古市場での主力商品と言ってもよいほど数多くの車種が出回っています。
1~2年落ちの新しい人気車種なら買取価格が100万円~160万円近くという非常に高い金額がつくことも珍しくなく、買い替えを考えている人にとっては大チャンスと言えるでしょう。

現在所有している軽自動車を売却する方法は大きく「買い取り業者に依頼する」かもしくは新規に購入するディーラーに「下取りに出す」ことに分かれます。

新たに新車を購入することが決まっているなら下取りをすることを条件に値引き交渉をすることもできますが、次も中古車で選びたいと考えている人や、よりよい条件で売却をしたいと思っている人ならば独自に買い取り業者を探した方がずっとお得になることがよくあるのです。

軽自動車の買取を依頼するための手順としては、まずWebサイトなどで買取専門店の情報を集めその申し込みフォームや電話で簡単な見積もりをお願いするところから始まります。

最初の申し込み時のヒアリングでその車種の状態をだいたい把握し、現在の一般的な流通状況を調べることができるので最短数十分くらいですぐに金額を出してもらえるでしょう。

その後その金額に納得が行ったら実際に自宅に査定に来てもらい、そこで車両の状態をチェックをしてもらって最初に出した見積額を修正して金額を確定します。
内容がまとまったらそこで契約書にサインをし、実際の引き取り日についての打ち合わせをして取りに来てもらいます。

実際の買取相場を調べてみる

軽自動車の買取価格を左右する要素としては「メーカー・車種」「年式」「走行距離」「エンジン回りの状態」などがあります。
他にも外装の傷や内部機器の状態といったものも査定に関係してきますが、最も大きく金額を左右するのは上記の条件です。

また軽自動車は中古の流通数が非常に多く、常に全国で車種が行きかう形となっているので、タイミングや時期によってかなり金額が変わってくるということもあります。

以前見積もりだけを取ってもらったところとても良い条件だったので安心していたら、その後に別の車種が人気になってきたりリコール問題が起こったりして突然値崩れをしたなんていうことも時には起こります。
ですのでもし買取を希望するなら現在のリアルタイムの価格標準を調べておいた方が計画が立てやすいといえます。

参考>>エーリストガレージ

こちらのサイトなどはメーカーや車種ごとに高値で取引されている車体の情報を細かく調べることができるので、自分の自動車の状態からだいたいの金額を把握することができます。

特に自社買取と業者間でのオークション、さらに一般人も参加できるネットオークションと価格を比較することもできるので有利な金額交渉も可能です。

少しでも高値で取引をするためのコツ

中古車として買取をかける場合には、少しでも買取価格を高くすることができる工夫が求められます。

最初に買取価格で大きな要素になるのは車種や年式と言いましたが、もしまったく同じような条件の自動車があった場合やはりより外装や内装の状態が美しいものが選ばれることでしょう。

どうせ買取に出すのだから意味がないとばかりにまったく洗車をしなかったり、中を掃除しなかったりする人も見られますが、ちょっとしたひと手間でかなり価格が変わることもよくあるのが中古車市場なので手を抜かないで丁寧に管理をしておくことをおすすめします。

ただ表面の傷やへこみなどは売りに出す前に修理に出してしまうとその代金が高くついてしまうということもあるので、傷がついたまま売った方が総合的に見てお得ということもあります。

業者によってはそうした傷やへこみの処理についてもアドバイスをくれることがあるので、まずは気軽に問い合わせなどをして信頼できるところを見つけるようにしましょう。