【Car】絶景ドライブスポット!宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋へ

海

沖縄の離島ドライブの隠れた名所「伊良部大橋」

沖縄県はドライブやツーリングの名所としてよく知られているところです。
ですが観光ガイドなどで紹介されているところとしては、本島のニライカナイ橋や首里城周辺の国際通りといったところがほとんどです。

沖縄といえば数多くの離島があるということも一つの観光資源なので、それらの地域の様子にも注目して沖縄ならではのドライブをしていきたいところです。

そこでおすすめをしたいのが伊良部島と宮古島をつないでいる「伊良部大橋」を通るルートです。
伊良部大橋は平成27年(2015年)1月31日に開通した橋で無料で通行ができる橋としては日本一の長さを誇っています。

全長はなんと3540mとかなりの長い距離です。
伊良部大橋では車両だけでなく歩行者も入れるようになっておりのんびり海の上の景色を堪能しながら通行をしていくことができます。

この伊良部大橋ができるまでは伊良部島へ渡る手段はフェリーしかなく、物流や人の移動に大きな支障がありました。
この橋ができたことにより住民の生活環境がぐっとよくなったことから、観光名所というよりも純粋な生活道路のために作られた場所であったりします。

沖縄の離島観光を堪能しよう

伊良部大橋はその巨大さから注目をされますが、実は他の池間島や来間島も先に宮古島と橋でつながっており、さらに伊良部島と下地島にも橋があったことから合計5つの島が陸路だけで移動することができるようになっています。

つまり離島をドライブするにしても2島間だけでなく5島をかけた長いルートをとることができるということになります。
それぞれの島にも独自の観光名所があるので、ドライブで立ち寄るときにはどこで何を見るかといったことをチェックしていくとより離島観光を楽しめます。

おすすめのとしては日本一美しい海との呼び声高い伊良部島と下地島周辺の海でのダイビングやシュノーケリングがあります。

この二島の間には「通り池」という海に繋がる大きな池が存在しており、この水中には鍾乳洞が侵食されてできた独特のトンネルがあります。
またこの近隣の海では「パヤオ漁」という独自の漁法が取られており特産品であるマグロやカツオをたっぷり食べることができます。