【Car】愛媛と広島の架け橋!しまなみ海道へドライブ

海沿い

ドライブにもサイクリングにも最適のしまなみ海道

日本全国にあるドライブ&サイクリングの名所として知られているのが「しまなみ海道」です。
しまなみ海道とは正式には「西瀬戸自動車道」と呼ばれる海上に建設された陸橋の道路のことで、迫力のある瀬戸内海の景色とそこに浮かぶ島々を眺めながら通行をすることができます。

位置的には広島県と愛媛県をつなぐ形となっており、本州と四国をつなぐ陸路として観光だけでなくビジネスにも広く活用をされています。
広島県側では尾道市にある西瀬戸尾道ICより入り、向島や因島などの離島にかけられた橋をそれぞれ渡っていきます。

最終的には愛媛県の今治市へ入ることとなり、そこから四国各地へとつながる道路が走っています。
しまなみ海道には合計10本の橋があり、全長は59.4kmです。

この橋にはかなりの上下の段差があるので決して平坦というわけではないのですが、自転車でも通行することができるようになっており全国から愛好家たちが集まっていいます。

尾道市から今治市までを走行しようとすると60kmを超えてしまうので自転車乗りでもかなり体を鍛えている人でないと難しいですが、途中の島で休憩をすることもできるので一日かけてのんびり渡るというのもよい観光方法です。

しまなみ海道をドライブするメリット

しまなみ海道はどちらかというと自転車で通行することができることからサイクリストたちの聖地として扱われている節があります。
ですがドライブをする人にとってもとてもおすすめできるところであり、家族連れやデートで出かけるときにも便利です。

しまなみ海道の特徴は橋一本でつながっているのではなく途中の島々に止まってそれぞれの観光をすることができるということです。
しまなみ海道内にある島は全部で6つで、広島側から順に向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島となっています。

この中の島の名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、それぞれ有名な公園や神社があり眺めを楽しむことができるようになっています。

おすすめのところとしては「因島水軍城」という日本で唯一の水軍城や、ひのきの香りが香ばしい「多々羅温泉」といったところがあります。

周囲を海に囲まれている島だからこその景観が随所にあり、ゆっくり島の中を散策しながら観光地に足をとめてみるというのがドライバーとしてのしまなみ海道の楽しみ方です。